平均賃金レポート(アルバイト・パート)

2022年05月19日

2022年4月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査【三大都市圏(首都圏・東海・関西)】<今回よりリニューアル> 三大都市圏の4月度平均時給は前年同月より17円増加の1,120円<今回よりリニューアル>

2022年4月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査【三大都市圏(首都圏・東海・関西)】<今回よりリニューアル>

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の調査研究機関『ジョブズリサーチセンター(JBRC)』(https://jbrc.recruit.co.jp/)が、2022年4月度の「アルバイト・パート募集時平均時給調査」をまとめましたので、ご報告致します。
なお、今回の調査より集計対象の求人を拡大するとともに、昨今増加している職種小分類を増やすなどリニューアルしています。これにより、これまで以上に雇用市場の実態に即した時給動向をお届けすることが可能となりました。

専門職系やフード系で時給が上昇、コロナ影響から回復へ

センター長 宇佐川邦子三大都市圏の4月度平均時給は、前年同月より17円増加の1,120円(前年同月比+1.5%)となりました。専門職系(同+3.9%)、フード系(同+3.6%)、事務系(同+3.5%)が高い伸びを示しています。
専門職系は医療・福祉関連が堅調な動きを続けているほか、年度初めに当たって塾講師や家庭教師の需要が増加したことが、時給上昇につながったと考えられます。フード系は、いずれのエリアでも前年同月比+3%以上となっており、コロナ影響からの回復が感じられます。幅広い業界で人材不足感が高まってきており、年度初めの学生などの入れ替えニーズも含めて、今後も募集が継続することが予想されます。

【三大都市圏・全体】
三大都市圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は 1,120円 (前年同月1,103円、前月1,119円)

前年同月より17円増加の1,120円(増減率+1.5%)、前月比は1円増加(同+0.1%)となった。職種別では「専門職系」(前年同月比増減額+50円、増減率+3.9%)など全職種で前年同月比プラス。前月比は「専門職系」(前月比増減額+29円、増減率+2.2%)など4職種でプラスとなった。

【三大都市圏・エリア別】
三大都市圏エリア別…前年同月比は首都圏・東海・関西ともにプラス

○首都圏の平均時給は 1,166円 (前年同月1,154円、前月1,166円)

前年同月より12円増加(増減率+1.0%)、前月比は増減なしとなった。職種別では、「専門職系」(前年同月比増減額+69円、増減率+5.2%)など全職種で前年同月比プラス。前月比は「専門職系」(前月比増減額+46円、増減率+3.4%)など3職種でプラスとなった。

○東海の平均時給は 1,031円 (前年同月1,012円、前月1,032円)

前年同月より19円増加(増減率+1.9%)、前月比は1円減少(同-0.1%)となった。職種別では、「専門職系」(前年同月比増減額+40円、増減率+3.4%)など全職種で前年同月比プラス。前月比は「販売・サービス系」(前月比増減額-1円、増減率-0.1%)など2職種でマイナスとなった。

○関西の平均時給は 1,096円 (前年同月1,069円、前月1,091円)

前年同月より27円増加(増減率+2.5%)、前月比は5円増加(同+0.5%)となった。職種別では、「事務系」(前年同月比増減額+53円、増減率+4.5%)など全職種で前年同月比プラス。前月比は「事務系」(前月比増減額+27円、増減率+2.2%)など4職種でプラスとなった。

※本調査は、当社が企画運営する求人メディア 『TOWNWORK』『fromA navi』に掲載された求人情報より、アルバイト・パートの募集時平均時給を集計しております。
※オープンデータ(データ・ダウンロード)はこちら https://jbrc.recruit.co.jp/data/opendata/