各種調査

2021年05月25日

【調査レポート】シニア雇用への新型コロナウイルスの影響<個人編・企業編>

このレポートは、シニア層(60~74歳)および人事・採用計画に関わっている企業担当者を対象としたアンケート結果から、新型コロナウイルスの影響についてピックアップしたものです。
個人編の調査結果からは、コロナ影響により就業意欲が弱まったシニアが少なくないことがわかりました。一方、企業のシニア採用意欲へのコロナ影響はプラスマイナスの両面が見られ、全体としては大きな変化はありませんでした。さらなるシニア活躍には、コロナ影響による変化を踏まえ、これまで以上に健康管理やITツールなどへの対応に工夫が必要だと考えられます。

目次
<個人編>
就業意欲への影響/就業意欲が弱まった理由/就業意欲が強まった理由
就業状況への影響/仕事への影響/働き方の変化
生活の変化/所有端末/今後の希望や不安

<企業編>
業績への影響/経営状況への影響/働き方の変化
採用活動の変化/採用予定への影響(正社員)/採用予定への影響(パート・アルバイト)
シニア層採用意欲への影響(正社員)/シニア層採用意欲への影響(パート・アルバイト)
シニア層採用に積極的になった理由/シニア層採用に積極的でなくなった理由
採用や働き方の変化について

調査ダイジェスト

<個人編>就業意欲への影響

「強まった」または「やや強まった」との回答が計9.5%弱まった」「やや弱まった」との回答が計21.0%となった。に非就業者では就業者に比べて就業意欲が弱まったとの回答が多く、いずれは働こうと思っていたがコロナ影響でためらうようになった人が少なくないと考えられる。調査対象者には働くつもりがない人が含まれていない点に注意が必要。)

210525_01.png

<個人編>就業意欲が弱まった理由

「感染予防のために外に出ることを減らそうと思った」が66.3%で最も割合が高い。次いで、「外に出るのがおっくうになった」「仕事が見つからないだろうと思った」が3割以上となっている。

210525_02.png

<企業編>採用活動の変化

「オンライン面接を導入・拡大した」との回答が18.2%となるなど、オンラインによる採用活動が広がったことが分かる。その他、「感染対策について記載するようになった」「即戦力をより重視するようになった」「求人情報サイトをより活用するようになった」との回答もそれぞれ1割を超えた。(※回答者には、募集・採用を行わなかった企業も含まれている。)

210525_03.png

<企業編>シニア層採用意欲への影響(パート・アルバイト)

パート・アルバイトでのシニア層の採用については、「以前より積極的になった」「以前よりやや積極的になった」の合計と、「以前より積極的でなくなった」「以前よりやや積極的でなくなった」の合計が、いずれも11.8%だった。「各種製造」では、積極的でなくなったとの回答が他の業種よりも多くなっている。最も多かったのは「どちらともいえない」で約8割だった。

210525_04.png